オーダーメイドステッカー

あなたのワンちゃんの写真から素敵なステッカーを制作します。 ひとめで自分のワンちゃんだとわかる写真を選択するのがポイントです。 1枚だけでなく何枚か送って頂くことで、制作可能なものを選定させていただきます。 制作にあたっては何度かやり取りが必要になりますので、まずはメールにてご相談ください。

※いまオーダーステッカーは受付を一時中止して犬種別ステッカーのモデルになってくれるワンちゃん写真を募集しています。 採用させて頂いた場合、お礼として完成したワンちゃんのステッカーを無料で差し上げます。 応募して頂ける場合、メールに写真を添付してご連絡ください。

どうしてもオーダーメイドで作って欲しい場合、一度メールで相談してください。

※ラブラドールやゴールデン・レトリバーは比較的個体差が少なく、どれも似たような仕上がりとなってしまうため、犬種別ステッカーの中から好みのものを選択して注文してください。

※ピンボケや手振れ、黒潰れ、白飛びなどしていない綺麗な写真をお送りください。特に目元や口元などが潰れていると制作が難しくなります。 服は脱がして、なるべくアップで撮影し、頭からしっぽまで全部が写った写真を用意してください。

撮影例

良い例
ステッカーはシルエット絵なので、シルエットだけで犬の特徴がつかみやすい横向きの写真が理想です。
良い例
綺麗に撮影されていれば、アジリティー中の写真などは躍動感があるステッカーになります。
良い例
動きのある写真を撮るときは、体の一部が切れてしまわないよう少し小さめに撮影する方が良いでしょう。
悪い例(ピンボケ)
ピントが合っていない写真は、トレースが難しく制作に向きません。
悪い例(手ブレや被写体ブレ)
被写体がブレている写真は、トレースが難しく制作に向きません。
悪い例(黒潰れ)
特に黒っぽいワンちゃん写真に多い、目の周りが潰れて認識できない写真は制作に向きません。
悪い例(白飛び)
輪郭や表情がわかりにくい写真は制作に向きません。
悪い例(はみ出し)
耳やしっぽ、足などが切れている写真は制作に向きません。
悪い例(小さすぎ)
被写体が小さすぎると、解像度が足りなくてトレースが難しく制作に向きません。
悪い例(服を着せないで!)
カッティングシートは最大2色まで重ねる事ができますが、それ以上の色が必要なものは制作できません。
悪い例(集合写真)
集合写真は隣の犬や人と重なってトレースが難しく制作に向きません。構図的にもあまり良くありません。
悪い例(正面からの構図)
正面からの構図は、ステッカーにしたときに犬だと認識できない場合が多いため、制作に向きません。


オーダーメイドの流れ


メールで問い合わせ
必要事項をお知らせ
  • 写真について
  • 制作可能なサイズ
  • 色について
  • 名入れについて
  • 使用可能なフォント
  • 支払方法について
などなど
必要事項をメールで送信
  • ワンちゃんの写真
  • 制作サイズ
  • 名入れの詳細
  • 使用したいフォント
などなど
初版原稿を作製
確認用データ(JPEG)を返信
原稿を確認
理想通りできているか?
必要であれば修正を依頼
最終原稿を作製
確認用データ(JPEG)を返信
原稿を確認
制作を依頼
ステッカーを制作
発送準備
支払先連絡および発送
  • お支払いは銀行振込のみです。
  • 振込手数料はご負担ください。
  • 送料は無料です。
ステッカーの確認
依頼通りできているか?
納得できたら指定先の銀行へ振込
貼り付け
完成!

 

事例写真

たくさんの方が貼った写真を送ってくれました。 貼った後で写真を掲示板に投稿してもらえればうれしいです。

 

オーダーフォーム

オーダーメイドステッカーをご希望の方は、下記フォームよりお申込みください。折返しご連絡致します。


(例  Jack Russell Terrier)半角英数字のみ

(例  Luck)半角英数字のみ
     
ステッカーのサイズ(犬の部分のサイズです。文字は含みません。)
                 
  
最大 2 色でデザインすることができます。多色仕様をご希望の場合は、
色を 2 色選択してください。(割増料金)



サイズが小さすぎるものや、ピンぼけ、手振れ写真は使用できません。
   

お問い合わせいただいてから 2 営業日以内にはお返事致します。もしもメールが届かない場合、迷惑フィルターに仕分けされている可能性があります。 特に携帯電話からのお問い合わせで、お返事が届かないことが多いため、必ずパソコンからのメールを受信できるように設定しておいてください。